カバンが重いのは気のせいであった!

手元にあった現金を銀行に預けるべく、かばんに大金を入れて家をでました。
大金といっても、、、ほんの数千万円です(嘘)

おかしいぞ。駅への途中、、、なんだかカバンが重いです。
いつも通り、PCやら本やらメモやらetcが入っているのですが、いつも通りの内容です。
=物理的にも同じ重さである、ハズ

しかしカバンが重く感じるのです。
この”感じる”ってのがポイントですね。

きっと、頭の片隅に「現金が入っている」とあったからそう感じたのであると推測します。病は気からとも言いますが、まさに”心と体は繋がっている”ということですね。

***
銀行に寄ったあとはえらい軽くなりましたとさ、めでたしでたし^^



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です