ヨガインストラクター??

スポーツジムやヨガスタジオとかでヨガのクラスを受けるとき、みんなの見える位置で前に立って、ポーズとかそのクラスの誘導をする人(私はコーディネートする人と捉えている)のことを”ヨガインストラクター”って言いますよね。略すと”イントラ”とか言いますよね。(なんでも略すな!)なんかね、違和感を感じるのですよ。「インストラクター??」「イントラ??」

なんでだろ?そもそも、インストラクターの意味ってなんだろ?
インストラクターとは”工業技術の指導・スポーツの技術指導を行う立場の人間”ことを指すみたいですね。技術ですか。指導ですか。う〜む。やはりなんか違和感ありますね。指導??

言葉には”本当の意味”と”みんなのその単語に対するイメージ”、というものがポイントになりますよね。たとえ本当の意味があっても、後者が誤った解釈で広まっているとおかしなことになりますね。でもそれが事実ですリアルです。たまにおかしなことになってますよね。

では、インストラクターという単語にどんなイメージありますか?
・スポーツジムでマシンの使い方を教えてくれる人
・スカイダイビングをするときに、背後についてバックアップしてくれる人
・ランニングをするとき、フォームとかをチェックして教えてくれる人
・初めてロードバイクに乗るときに、ブレーキとか変速機とかの使い方を教えてくれる人(あっ、これ自分ですね)

”インストラクター”の意味ってこんな感じですよね。これがTheインストラクターってイメージ。となるとやはり”ヨガのインストラクター”と呼ばれることに違和感を感じます。ポーズの形を教えるだけならそれでいいけど、そうではないですよね(って私は思います)国語の先生を国語のインストラクターと呼びますか?呼ばないですよね。そんな感じ。超イメージ的なところです。

では他の呼び名ではどんな意味に?やはり”ヨガ講師”とか”YOGA teacher”なのかね。このタイトルの文章を書いて散らかしてまた直して、「あっ、今までのイメージは間違っていなかったんだな」と思いました。なので、今まで通り、ヨガインストラクターとは名乗らずに行こうと思います。みんなが自分のことをどう呼ぶかはこだわりませんけどね。

日々使う言葉にも丁寧に口から吐くようにすると、「ん?」と感じることがあると思います。そんなときはお手持ちのスマホで調べてみよう。そんなの5分もかからないんだから!

***
おっと、これは毒吐きではないですよね。だいぶ修正しましたので(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です