洋服の断捨離をはじめました

あまり流行の服は着ません。好みも昔からあまり大きく変わらないので、昔から同じ様なものを着ています。もうちょっとオシャレになってもいいかもしれないですね、なんてこともちょっぴり思います(笑)選ぶ基準の半分くらいは”楽(ラク)”ですね。オシャレはね、ちょっとくらい寒いとか暑いのを我慢しなくちゃいけないんですってね。小学生の頃に先輩に教わりました。とはっても、スウェットみたいな伸びるのが楽、というより暖かさだったり、他の服との合わせやすさとかね。あと汚れないとかね。ん〜これが自分らしいところなのかな?とはいっても、そのなかでこだわるポイントはありますけどね!

テイストが変わってない=長年着ている服がたくさんあります。本当に多いです。リアルビンテージです。あるシャツなんて20年近く着ているし、同じ様なスウェットもあったりします(本当です)しかも、はなから捨てる様な服を買う様なことはしないし、なかなか捨てることもしないので、なおさら服が増えます。穴でもあけば捨てられますが、そんな簡単に穴なんてあかないでしょ?え?みんな気に入らなくなったらバンバン捨ててるのかな?

捨てない→買わないわけではないので少しは買う→でもあまり捨てない→少しずつ増える→なのであまり買わないようにしてるけど、やっぱり”あまり”なレベル。ゼロではないのですね。そうなるとドンドン増えて行きます。良くないですね、服が増えている状態って。

服が多いと不幸な点

・結局、何枚あっても身体は一つで1週間は7日なので着る時間は限られている
→たとえ気に入ったTシャツが100枚あっても全部はきれない
・限られていなくても、結局着るのはお気に入りのしか着ない
→だいたい”いつものお気に入りパターン”ができますよね
・たまにいつも以外のを引っ張りだそうとしても、いざという時に見当たらない
→畳んであっても、散らかっている状態とかわらない
・収納が増えて、部屋の中の収納(収納BOXとかね)のスペースが大きくなる
→このスペースもばかにならないね
・タンスの中がギュウギュウで、洗った服をしまいづらい
→面倒だね。そうなると部屋がちらかる〜
・眠っている中でも、一般的な価値はある服もある。
→自分は好きじゃなくても、自分以外からすれば価値のあるものって沢山ある

ね。ということで服の断捨離を始めました。基本的には洋服は好きなのです。

断捨離のいいところ

・眠っていた価値のある服が、誰かに着てもらえる
→お金になるのも嬉しいですね、あげても喜んでもらえるのもOK
・タンスのなかがスカスカだと選びやすい
→ギュウギュウだと見えなくなっている服もあるよね
・エースぞろいでどれも気に入っているものだとテンションが上がる
→実際は選び過ぎて迷っちゃう
・部屋が広くなる
→服の収納でとるスペースってあなどれない
・少数精鋭になるので、買う時に1点高価なものをチョイスすることができる
→必ずしも高い物を買う訳ではない

では断捨離はどんなポリシーでやっていく?

自分の中でルールがあるとやりやすいですね。ふわっと頭の中にありましたが、本で読んでエッセンスと自分なりとでまとめました。いざ文章にするとなるほどですね。いちど白い紙の上でルール作成から始めた方がいいかもしれません。

・数泊で旅行に出かける時にもっていくか否か
→だいたいこれを考えると予選落ちになるものが多い
・1シーズンの中で何回か着るか(1回も着ないのは論外)
→”よそ行き用”とかなかなか着ない服をとっておく程もったいないことはない
・着ていてテンションがあがるか
→サイズ感とか素材がめっちゃ良くて、気に入っている服って着ていると気持ちがいいですよね
・タンスを開けて見渡す時にテンションがあがるか
→でかける前にタンス開いた時のワクワク感大切に
・今の自分らしいと言えるか
→好みが変わっている場合があるので、あくまで今の自分と照らし合わせる。

とはいってもね、これを一気にやろうとすると難しいので、できるところから始めています。別の日の記事にも書いた通り、最初から100%を目指すと20%くらいで挫折しますからね。何事も継続が力ですからね。日頃のショッピング好きのもう一人の自分とよく相談をしながら決めて行きましょう。

そして処分した分、本当に気に入った物があれば買う事ができる楽しみを味わいましょう。スター選手をそろえるのって楽しいですよ。

***
丁寧な暮らしの記事がやっとかけた〜ネタはたくさんあるのにににに。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です